【絵本】あっくんはたべられない―食の困難と感覚過敏


発達障害当事者として、自身の感覚過敏や「日常でどのように接してもらえると助かるか」等をテーマに17歳の頃から母親と共に講演活動を行う「あっくん」の絵本。発達障害を取り上げたNHKの番組で取材を受けたことをきっかけに、自分自身の経験を絵で伝えることに取り組み始める。

↑ Click here! Amazonのページで詳細をご覧ください

あっくんはたべられない―食の困難と感覚過敏

関連記事一覧

  1. 【書籍】化学から理解する自閉スペクトラム症の感覚の世界

  2. 書籍「発達障害の子どもたちの進路と多様な可能性」のアイキャッチ画像

    【書籍】発達障害の子どもたちの進路と多様な可能性

  3. 【感覚過敏相談シート】病院・歯科向け相談シート

  4. 【絵本】発達凸凹なボクの世界: ―感覚過敏を探検する― 子どもの気持ちを知る絵本 (ゆまに書房)

  5. 【書籍】感覚過敏の僕が感じる世界

  6. マスクがつけられませんシール

    【感覚過敏シール】マスク着用が難しい方ためのシール(困りごとの見える化)

  7. 【書籍】発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい

  8. 書籍「うちのやさしいかいじゅう ごはんレシピ」のアイキャッチ画像

    【書籍】うちのやさしいかいじゅう ごはんレシピ

  9. 書籍「自閉症の僕が跳びはねる理由」のアイキャッチ画像

    【書籍】自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心 

感覚過敏研究所フリーコンテンツへのサポート

感覚過敏応援団メンバー募集